短期給付について

組合員証を提示せずに医療機関に受診した場合、医療費の負担はどうなりますか?

旅行先での急病など、やむを得ない事情で組合員証を提示せずに医療機関に受診した場合は、本人が一時的に医療費の全額を立て替え払いすることとなりますが、後日共済組合に請求することで自己負担分を控除した額の払い戻しを受けることができます。この給付を組合員の場合は「療養費」、家族(被扶養者)の場合は「家族療養費」といいます。

海外で病気になって診療を受けた場合、給付を受けることができますか?

海外で組合員証を使用して診療を受けることはできませんので、本人が一時的に医療費の全額を立て替え払いすることとなりますが、後日共済組合に請求することで「療養費(家族療養費)」の支給を受けることができます。ただし、支給額は国内の基準により計算されますので、医療事情の違いから実際に支払った額より少なくなることがあります。また、請求には診療内容明細書と領収書が必要となりますので、必ずもらっておいてください。また、航空券・パスポートなどの写しや共済組合が海外の医療機関等に受診内容等の照会を行うことの同意書なども必要となります。

私の被扶養者が入院して、退院の際に自己負担分として30万円を医療機関へ支払いましたが、共済組合からはどのくらい払い戻しされますか?

組合員の標準報酬月額が280,000円以上500,000円未満の場合は、次のとおり算定した高額療養費「212,570円」と家族療養費附加金「62,000円」が支給されます。

【高額療養費】
300,000円-{80,100円+(1,000,000円-267,000円)×1%}=212,570円

【家族療養費附加金】
(300,000円-212,570円)-25,000円=62,430円→62,000円

1,000円未満切捨て

入院をする際に医療機関から「限度額適用認定証」を提出するよう言われましたが?

医療機関での自己負担額が一定額を超えると高額療養費が支給されますが、後日共済組合から組合員に支給されるまでの間は一時的に立て替えることとなります。こうした場合、共済組合が交付する「限度額認定証」を医療機関に提示すると、高額療養費が医療機関に支払われることとなりますので、組合員の負担の軽減を図ることができます。「私の被扶養者が入院して、退院の際に自己負担分として30万円を医療機関へ支払いましたが、共済組合からはどのくらい払い戻しされますか?」の事例の場合、退院の際の支払いが87,430円で済むこととなります。「限度額認定証」は、入院ばかりでなく外来でも使用することができますので、高額な医療費が予定される場合は、交付申請の手続きを行ってください。

交通事故にあったとき、組合員証を使用して治療を受けられますか?

組合員または家族(被扶養者)が、交通事故などでケガをした場合に加害者があるときは、第三者の行為で起きたケガとなりますから、一般的には加害者がその損害(医療費等)を補償することとなります。しかし、このような場合であってもそのケガが公務外であるときは、組合員証を使用して治療を受けることもできます。この場合、医療費など共済組合が負担した分は加害者へ請求することとなりますので、必ず共済組合に連絡して必要な手続きを行ってください。

公務中にケガをした場合の医療費はどうなりますか?

公務中(通勤中)のケガや病気は、地方公務員災害補償基金から補償されますので、組合員証を使用することはできません。

被扶養者のいない組合員が亡くなった場合の埋葬料の請求は?

埋葬料は、組合員が公務によらないで死亡した場合に、その死亡当時被扶養者であって埋葬を行う者に対して支給することとされています。

しかし、この要件に該当する者がいない場合は、被扶養者以外の実際に埋葬を行った者に対して埋葬料を支給します。

被扶養者以外の者が請求する場合は、埋葬料の添付書類として、埋(火)葬許可書の他に、実際に埋葬を要した費用の領収書(写し)及びその明細書が必要になります。

死産した場合、家族埋葬料は支給されますか?

家族埋葬料は、原則として被扶養者が死亡したときに支給されます。したがって、死産の場合は被扶養者になり得ませんので、支給されません。

ただし、出産後間もなく死亡し、医師や助産師の証明により、出産児が生児であり、その後において死亡したことが確認される場合(戸籍に入ることができる場合)で、共済組合の被扶養者に認定されたときは支給の対象となります。

短期給付金の送金日はいつですか?

原則として毎月の末日(土日祝の場合はその前日)が送金日となり、組合員が共済組合に登録した口座に振り込みます。給付金がある場合には、所属所経由で送金通知書を送付しますので、給付内容や登録口座を確認してください。

組合員からの請求に基づく給付金(療養費や休業給付など)は、原則としてその月の10日までに受付した分を、医療機関からの請求(レセプト)に基づく給付金(高額療養費・附加給付等)は、原則としてその月に医療機関から請求のあったレセプト(通常、診療月から2か月後)の分を給付します。

短期給付の請求を忘れていましたが、いつまでに請求すればいいですか?

短期給付を受ける権利は、給付事由が生じた日から2年で消滅します。くれぐれも請求忘れがないように注意してください。

短期給付の請求手続きは?

現職の組合員は、勤務先の共済事務担当部署を経由して手続きを行ってください。任意継続組合員など退職後に手続きを行う場合は、必要書類を送付しますので、共済組合までご連絡ください。

短期給付金に税金はかかりますか?

共済組合が支給する短期給付金は課税対象となりません。ただし、休業手当金については、課税対象となります。

「医療費のお知らせ」は確定申告で医療費控除を受ける際の領収書の代わりとなりますか?

医療費控除は、その年中に一定額以上の医療費を支払った場合にその医療費について「領収した者のその領収を証する書類」を、確定申告書に添付するか確定申告書の提出の際に提示しなければならないこととされています。

「医療費のお知らせ」は医療費の支払いの事実を確認することができず、また、「領収した者のその領収を証する書類」にも該当しませんので、これにより領収書の代わりとすることはできません。

宿泊施設検索

一覧はこちら