検診事業

総合健診

内容 労働安全衛生法において事業主が労働者に対して行う健康診断に生活習慣病検診を加えた疾病の早期発見・早期治療を目指した総合的な健康診査で、費用の一部を共済組合が負担します。
共済負担限度額15,000円。
対象者 30歳以上74歳以下の組合員(30歳以上39歳以下は隔年、40歳以上74歳以下は毎年受診)
検診機関 所属所が推薦し共済組合が指定する検診機関での受診となります。
総合健診を受診せず、事業主健診を受診された場合(当該年度末で40歳以上の方)は特定健診検査項目の結果を共済組合へ提出してくださいますようご協力お願いいたします。

婦人検診(子宮がん検診・乳がん検診)

内容 共済組合の助成額は、子宮がん検診、乳がん検診ともに5,000円が限度です。限度額を超える検査料金については、受診者(所属所負担がある場合は所属所)が負担することとなります。
対象者
  • 子宮がん検診
    20歳以上74歳以下の組合員と被扶養者(割当方式により実施)
  • 乳がん検診
    30歳以上74歳以下の組合員と被扶養者(割当方式により実施)
検診機関 利用可能な検診機関は、下記の「婦人検診実施機関一覧」をクリックしてご確認ください。
一部、総合健診または人間ドックと併せて受診する場合のみ実施可能な検診機関もありますので、ご注意ください。
検査料金、検査内容については、予め検診機関にご確認ください。

婦人検診実施機関一覧

宿泊施設検索

一覧はこちら