貯金事業

組合員の皆様の財産づくりと豊かな生活設計に役立てていただくための事業です。

貯金の種類 積立貯金
加入資格 組合員(ただし任意継続組合員及び継続長期組合員を除く。)

積立方法

1 定例積立 毎月の給料から天引きして積立できます。
積立額は、1,000円以上1,000円単位です。
2 賞与積立 6月、12月の賞与から天引きして積立できます。
積立額は、10,000円以上1,000円単位です。
3 臨時積立 個人送金(金融機関窓口・ATM等)または所属所経由で送金することにより随時積立できます。
積立額は、10,000円以上1,000円単位です。

臨時積立について

(1) 振込手数料は、本人負担となります。
(2) 金融機関窓口からお振込みの際は、共済組合指定用紙の「臨時積立納付書兼領収書」をご使用いただくと便利です。(ゆうちょ銀行窓口では使用不可)
(3) お振込みの際は、依頼人名欄に必ず加入者番号(所属所番号、企業コード、組合員証番号)および組合員本人の氏名を記入(ATMの場合は入力)してください。

企業コードは、所属所の共済事務担当係へご確認ください。
加入者番号は、積立貯金残高通知書に表示されています。
(4) 所属所経由での送金は、所属所の共済事務担当係にご確認ください。
臨時積立の送金を取扱っていない所属所もあります。
(5) 臨時積立をご利用いただくには、事前に積立貯金に加入していただく必要があります。

一部払戻・解約

一部払戻については、月2回となります。(解約は月1回)

積立貯金払戻・解約請求書を所属所の共済事務担当係の方へご提出ください。各所属所で締切日を設定していますので、係の方にご確認ください。

一部払戻の金額は、前月末の残高が上限となり、1,000円単位となります。払戻当月の定例・賞与積立額及び臨時積立額を払戻請求額に含めることはできません。

締切日・払戻日スケジュール

利息

半年複利で、毎年3月31日及び9月30日に利息計算し、それぞれ翌日に税引き後の利息を元金に組み入れます。

解約されるときは、解約日の前日までの利息を計算し、解約日に元本と税引き後の利息の合計額を指定の口座に送金します。

利息に係る税金

利払い時に利息の20.315%(国税15%、地方税5%、復興特別所得税0.315%)を源泉分離課税として控除します。

ただし、非課税貯蓄制度に該当する方は、他の金融機関の預金と合わせ元本350万円まで非課税となります。

非課税貯蓄制度対象者

残高のお知らせ

毎年4月と10月に、積立貯金残高通知書を発行します。利息組入れ後残高、決算利息、税額、半期の入出金明細、払戻金の送金口座をお知らせしますので、ご確認ください。

「積立貯金残高通知書」は、電算上、再発行することができませんので、大切に保管してください。
宿泊施設検索

一覧はこちら