退職後の医療

退職とともに保険の内容が変わります。

退職後の医療保険は、再就職するか、家族の被扶養者になるかなどによって、適用される保険制度が違ってきます。

再就職する場合

新しい勤務先が健康保険の適用事業所になっているときは、健康保険に加入し、その被保険者になります。

また、新しい勤務先が健康保険に加入していない事業所の場合は、共済組合の任意継続組合員になるか、市区町村の国民健康保険に加入し、その被保険者になります。

再就職しない場合

再就職しない場合は、次のいずれかになります。

共済組合の任意継続組合員になる
国民健康保険に加入し、その被保険者になる
家族などの被扶養者になる

共済組合の任意継続組合員制度

退職の日の前日まで引き続き1年以上組合員であった者が、退職後引き続き短期給付を受けることを希望するときは、2年間任意継続組合員として、組合員のときと同様の給付が受けられます。

①任意継続組合員として受けられる給付

任意継続組合員及びその家族(被扶養者)は、在職中と同じように療養の給付及び家族療養費などの短期給付を受けることができます。その給付の種類や内容は、組合員の場合と同様ですが、傷病手当金、出産手当金、育児休業手当金、介護休業手当金及び休業手当金は任意継続組合員には支給されません。

なお、任意継続組合員は、福祉事業の一部の適用も受けることができます。

②任意継続組合員の掛金

任意継続組合員は、短期給付に必要な費用に充てるための掛金と負担金(40歳以上65歳未満の任意継続組合員にあっては、介護納付金に係る掛金及び地方公共団体の負担金を含みます)の合算額(この額は、任意継続組合員の退職時の標準報酬月額と前年の9月30日(1月から3月までの標準報酬の月額にあっては、前々年)における全組合員の標準報酬月額の合計額を全組合員の総数で除した額とのいずれか低い額を基礎として計算されます)を毎月、共済組合に払い込まなければなりません。

なお、任意継続組合員は、将来の一定期間(原則として、4月から9月まで又は10月から翌年3月までの6か月間か4月から翌年3月までの12か月間です)の任意継続掛金を前納することができます。この場合の前納すべき額は、前納しようとする期間に応じた割引があります。

平成28年度は、平成27年10月1日における平均標準報酬月額を用います。

③任意継続組合員がその資格を喪失するとき

任意継続組合員は、次のいずれかに該当したときは、その資格を喪失することになっています。

任意継続組合員となった日から起算して2年を経過したとき
死亡したとき
任意継続掛金を、その払込みの期日までに払い込まなかったとき
組合員(他の共済組合の組合員やその他健康保険や船員保険の被保険者を含む)になったとき
任意継続組合員でなくなることを希望する旨を共済組合に申し出て、その申出が受理された日の月の末日が到来したとき
後期高齢者医療制度の被保険者等となったとき

退職後、再就職を予定している方へ

任意継続組合員となる方で、再就職を予定している方は、再就職先の健康保険制度をよくお調べください。

健康保険制度は、強制加入が原則となっておりますので、もし、再就職先に健康保険制度があるのを知らずに、任意継続組合員となった場合は、任意継続組合員資格を遡及して取り消すこととなり、その間に受給した医療費等すべて返還していただくことになります。

国民健康保険に加入する場合

国民健康保険は、市区町村が行う医療保険です。したがって、保険料(税)の徴収、保険給付は居住地の市区町村が行います。

加入手続 共済組合の組合員資格を失った日から14日以内に居住地の市区町村へ届出をしてください。
医療の給付 世帯主、家族とも通院・入院の7割(自己負担3割)です。
70歳以上75歳未満の者は、通院・入院の8割(自己負担2割(昭和19年4月1日までに生まれた方は引き続き1割))。ただし、現役並み所得者は通院・入院の7割(自己負担3割)です。
義務教育就学前の子は、通院・入院の8割(自己負担2割)。
保険料(税) 市区町村ごとに、加入世帯を単位として、均等割のほか、家族数、前年度の所得、資産などを基準にして保険料(税)が算定されます。

家族などの被扶養者になる場合

退職後、再就職しない場合で共済組合の任意継続組合員にも国民健康保険の被保険者にもならないときは、家族が加入している保険制度の被扶養者になることになります。

なお、この被扶養者になるには、共済組合の被扶養者になる場合と同様に所得などの制限があります。

宿泊施設検索

一覧はこちら